HOME >靖国神社

靖国神社

 靖国神社は、千鳥ヶ淵のすぐ近く、九段下からの方が近いですが、市ヶ谷の駅もすぐで、交通機関に困ることはありません。

 大きな鳥居が印象的ですが、神社ですので、花見をする前に参拝されるほうがよいかと思います。

 出店も沢山ありますので、近くの千鳥ヶ淵とは違って、「花より団子」のスポットです。

 

 


大きな地図で見る

 

 

 

【入園料】

 無料(出店)

 

 

東京桜/靖国神社

 

 

 

東京桜/靖国神社2

 

 

 

東京桜/靖国神社3

 

 

 

東京桜/靖国神社4

 

 

 

東京桜/靖国神社5

 

 

 

東京桜/靖国神社6

 

 

 

東京桜/靖国神社ライトアップ1

 

 

 

東京桜/靖国神社ライトアップ2

 

 

 

 

東京桜/靖国神社ライトアップ3

 

 靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

 靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

 靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。<靖国神社公式HPより>

 

 

 

利点: お祭りの気分が味わえます。出店も多く夜も賑わいます。椅子やテーブルも多く用意されていますので、ゆっくり食べ飲みが可能です。「鳥居と桜」「神社と桜」という見栄えは最高。千鳥ヶ淵からも近く、一緒に楽しめます。私のオススメは、夕暮れ間際。鳥居がなんとも美しくて神秘的に見え、出店のライトが点灯し始める時間が綺麗です。

 

注意点: 何故か?中国人がいます。。。それはさておき、一応永久戦犯者の神社ですので、しっかり参拝をされてから花見をするべきかと思います。神社は3月4月は18時閉門で、参拝はできなくなります。その他敷地内の外苑は出店が22時までやっています。

 ここも、写真を撮るには慢性光量不足。シャッタースピードがかなり遅くなりますので、それなりの明るいレンズが必要です。鳥居が大きいので、広角が便利かも。

 トイレは外苑にあります。

 

 

▲ページトップに戻る