HOME >目黒川

目黒川

 目黒川は言わずと知れた桜並木の名所です。この時期には沢山の人が訪れ混み合います。目黒雅叙園辺りから中目黒までの約2kmは全て桜並木。歩道も整備されて、お年寄りでもゆっくり桜を楽しめます。

 アクセスもよく気軽にお花見が出来るスポットです。また、夜桜のライトアップおすすめです。

 

 


大きな地図で見る

 

 

【入園料】
 無料

 

 

目黒川桜1

 

 

 

目黒川桜2

 

 

 

目黒川桜3

 

 

 

目黒川桜4

 

 

 

目黒川桜5

 

 

 

目黒川桜7

 

 

 

目黒川桜8

 

 

 

【概要】

 目黒川は、東京都世田谷区、目黒区、品川区に注ぐ。二級水系の本流である。河口付近では古くは「品川」(しながわ)といい、湾岸開発が進む以前は河口付近で流れが湾曲していて流れが緩やかであったため、古くは港として使われ、品の行き交っていたであった。これが「品川」の起こりとされる。江戸時代の絵図などでは、その上流の下目黒付近では「こりとり川」と記され、江戸時代に目黒川と記した絵図はない。「こりとり」は「垢離取り」の意味でこの川で身を清めてから目黒不動尊に詣でたのである。

 

 

 

利点: 必ずニュース等で目にする桜ですが、やはり川と桜のコラボレーションは素敵だと思わされる並木です。週末は混み合いますが、中目黒以外はそれ程混雑もなく、ゆっくりのんびり歩くことが出来ます。目黒雅叙園でランチやカフェ、お手洗いを利用するのも良いでしょう。

 

 

注意点: 中目黒はこの時期だけ歩道沿いに出店が出没します。ここの周辺は通行の流れが遮られます。また、写真撮影スポットが橋に集中するため、橋の周辺は特別混雑します。また、花見を出来るような場所ではないのですが、週末には目黒雅叙園近くの「目黒新橋」付近から、ゴザを引いて宴会モードの人が目に付きます。

 

 

 200mm以上の望遠レンズは殆ど利用せず、標準ズームと広角の使用頻度が多かったと思います。単純に川横からの撮影と、橋の上からの撮影の2パターンになってしまうため、それ程多くのアングルを望めません。また、ライトアップは橋の手すりを利用し、スローシャッターで撮影できました。

 

 

 

 

 

 

▲ページトップに戻る