HOME >浅草寺

浅草寺

 浅草寺は、外国人観光客で賑わうスポットですが、桜の時期は更に人が多くて混み合います。外国人の方々は桜が好きなようです。

 浅草寺にある五重塔と桜のコラボはなかなかです。それに、隅田川まで近いので、一緒に巡ることができるでしょう。

 

 


大きな地図で見る

 

 

 

 

【入園料】
 特に無し

 

 

 

浅草寺桜1

 

 

 

浅草寺桜2

 

 

 

浅草寺桜3

 

 

 

浅草寺桜5

 

 

 

浅草寺桜6

 

 

 

浅草寺桜7

 

 

 

 

【概要】

 浅草寺(せんそうじ)とは、東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古のである。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗のとなった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。

 

 

 

利点: 浅草駅近くにありアクセスも便利。お寺の雰囲気と桜は素晴らしいコラボです。周囲には飲食店も多く、疲れたら一休み。また、近くに隅田川や東京スカイツリーも見られるため、まさに一石三鳥の観光スポット。

 

 

 

注意点: 人が多く特に外国人が多数訪れるスポットです。売店飲食店も多くありますが、満席必須の立地です。それでも、少し奥に足を伸ばせばそれなりに人が少なくなってきます。桜そのものの本数は多くはありませんので「寺は不要、桜だ!桜!」という人には物足りなさもあるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

▲ページトップに戻る